読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとう!?おじさんがセールに関係なしの安さ 2017年度

楽天
どう感じてくれるか。読むのが楽しみです。内容にたばこが出てくるのがこの作家さんらしい気もしました。

これっ!

2017年01月28日 ランキング上位商品↑

おじさんおじさんのかさ [ 佐野洋子 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

ユニークなお話にぴったりの!ユニークな挿絵で!楽しい絵本です。ぜひぜひ読んでもらいたい作品です。この本は、心がふわっと暖かくなるお話で、子供がやっていた、公文の問題に出てきて、つい本も買ってしまいました。内容は幼稚園児の娘には少しだけ早い様子。。ちょっと前にTVの絵本朗読?で優香だったかな?が読んでたので気になって探しました。年齢が上がっていくにつれて、別の楽しみが見つかる本だと思います。小1の国語の教科書にのっていて!いまだに覚えているお話。実際に こんなおじさんがいたら 変人扱いされていると思う・・・。傘をとても大事にしている!おじさんのお話です。むかーし呼んだことがあります。リズムは楽しんで読んでいましたが、本に込められたいろんな意味を考えるには少し早いな、という感じです。おじさんの大切な一本のかさ♪とっても大事だから!雨に濡らすなんてと〜んでもない!そんなおじさんが公園で出会った男の子と女の子の二人。幼稚園に入る前から親しんでいたこの作品が!小学校に入学し!一年の国語の教科書に採用されていることを知った時は!親子で驚き!よろこび?ました。なんだか、クスクスっと笑えました。奥さんの最後のセリフが好きです。内容の暖かさ。。小さいお子さんにはあまりこの面白さがわからないかもしれませんが。子供用に買ったのですが!最初の部分がなんとうか!おじさんのへそ曲がり菜ユーモアについつい笑ってしまいました。今回読み直してみて、改めてそのすごさを感じました。そこでおじさんは…雨のお話し会での定番の絵本♪気持ちがほっこりしますよ☆子供に欲しいと言われて購入しました。発表会の劇でするのでどういう話なのか興味があって探してました。傘にあたる雨音の表現が子供に楽しく感じられるようで、雨の日の子供との会話が無言になりません。。。絵の暖かさ。文字の数はちょうどいいけれど、まだ先入観のない純粋な子には、おじさんが傘をささないことや、オチの奥さんのせりふなど特に不思議には思ってなさそうです。降り出した雨の中「雨がふったらぽんぽろりん♪〜」と歌いながら帰って行きました。幼少期より!佐野さんの作品を読んでいたのですが!この作品もその頃読んでいた作品のひとつ。私が小さかった頃に読んだことのある本です! 何でもいいと得にリクエストがなかったので!選びました☆子供は6歳。佐野さんの絵本が好きで!図書館から借りてたくさん読み聞かせた中で!子供も気に入ったものを何冊か購入したうちの!お気に入りの一冊。後半に入ると!音のリズムが広がるので!まだ言葉を理解してない息子も!後半だけは食い入るように見ています我が家の子供は傘が好きなので!この本を読んであげようと思い購入しました。興味があるうちに買えて良かったです。佐野さんがお亡くなりになったときに!購入しました。知らない本かと買ってみたら子供は知っていましたが!好きな話らしく自分用ができたことに喜んでいました。ふと思い出して、思わず買ってしまいました。この本の矛盾したおもしろさをかんじるには小学生のほうがいいかもしれません。でも、うちの子は雨の時に、ボンボロロン、ピッチャンチャンといいながら、楽しく歩いてました。